HARD ROCK & ICEを目指した活動をしています。
  大自然を守る活動をしています。
  人とのつながりを大切にしています。

2014年10月18日土曜日

2014/10/18 瑞牆山 大面岩左稜線

2014年10月18日 
メンバー:なおっぴ&しろ

大面岩左稜線に行ってきました~♪

 


取り付きは、登山道を行き、カンマンボロンを過ぎてすぐのボルダー脇から、ケルンの積んである踏み後に入ると、コケの生えたスラブのフェースにリングボルトが打ってある。
うっそうとした感じでした。

1P目 しろ
濡れたクラックの方から、ステミングで飛び立ち、
あとは簡単だけど、じゃりじゃり&苔、そして落ち葉で滑るスラブ。
ボルトラダーのフリー化なので仕方ないのだけど、ボルトが大量にあり、ちょっと残念。
スリングのある木を終了点としてしまったけど、スラブの上の岩をクラック沿いに上がると、終了点がありました。


2P目 なおっぴ
ほとんど歩きと木登り。木でビレー。

3P目 しろ
岩溝を上がって、屈曲して重くなりそうなのでスリングの巻かれた大木まで。
隣のカンマンボロンがかっこいい~。

4P目 なおっぴ
ここもほとんど歩き。最後は右へトラバースして、立派な終了点まで。
トポだと3Pのところを私たちは4Pで登った。

5P目 しろ
この辺から開けて気持ちがいい。
短いスラブから、一段上がって、終了点を無視して次のピッチまで継続しちゃった♪


6P目 なおっぴ
左から回り込んでフェイスを上ったあと、スラブ。
トポをもってきていなかったので、次のピッチがOWと思い込んでしまい、左側の土のルンゼを上がって、ボルトのないきれいなOW?チムニー?前の大木でビレー。

7P目 なおっぴ
取り付いてみるも、異様に難しい。先をうかがってみてもボルトが打たれていないので、間違いに気づき、クライムダウン。
土のルンゼを戻り、トラバースするとボルトがあり、そのまま進むと、不自然にボルトが打たれたチムニーがありました。
その入り口付近、残地ハーケンでビレー。日陰になったせいか、この辺りは寒かった~。

8P目 しろ
チムニーからOW。
今回もワイドはなおっぴ担当のはずだったんだけど、ボルトがあるしトレーニングのために行かせてもらった。結構消耗したけど、いい感じに登れた。
最後はクラックが土で埋まっていて、木の根っこをつかんで這い上がると、立派な終了点があった。


下降は隣のニューモンタージュで降りるはずだったのだけれど、途中からよくわからないラインを降りてしまい、時間がかかってしまった。
懸垂が、なかなかうまくいかないなー。
帰ったら、また研究しよう。

久しぶりのボルトルートに困惑したけど、上部は楽しかったです。
紅葉のいい時期でした~。


カムは不要でした。
ヌンチャク12本位。

2014年10月12日日曜日

瑞牆山十一面左岩壁 山河微笑

2014年10月12日 
メンバー:なおっぴ&しろ


山河微笑に行ってきました~♪
6月からクラックとスラブトレに徹し、
そしてワイドの練習をして、一年振りに十一面に帰って来ました。

前日になおっぴは、不動沢のよろめきを2撃!
すごいな~。
私は最初、離陸するのも大変だったー。
めげずに何度も登って、自分なりの登り方を掴めたかな。
ということで、ワイドはなおっぴ担当ね。

昨日は4パーティ位取り付いていたみたいなんだけど、今日は貸切でした。
あとは、ベルジュエールと山族79黄昏ルートに1組づつ。
なんで贅沢なんだろう、胸の高鳴りが押さえられない。

1P目 しろ
少しプロテクションがとりにくいけど、ぐいぐい登る~♪
スリングの巻かれた木を目指して、そのすぐ上の大木に立派な終了点がある。

 
2P目 なおっぴ
チムニーから、チョックストーンを越え、テラスの大木まで。
チョックストーンの外側は怖いけど、内側は挟まって大変。
びびりなので、内側を選択。。。


3P目 しろ
松の木を木登りして、その後ろのきれいなコーナークラックに取り付く。
クラックは途中OWとなり、焦ったけど、落ち着いてよくスタンスを探せば問題なし。
あとはクラックと簡単なスラブが快適です。
昨日ワイドの練習してよかった~。
立派な終了点でビレー。



4P目 
ビレー点から岩を回り込んで、クラックを恐怖のクライムダウン。らしいですが、怖いので懸垂。
降りたところは安定していて、ピナクルでビレー。

5P目 なおっぴ
ワイドクラックに取り付く。

「"よろめき登れれば大丈夫"って聞いたから昨日がんばったのに・・・
しろにそそのかされた・・・」
byなおっぴ

最後の抜け口がばんざいジャムみたいで悪い!
よく登ってくれました(><)ありがとうw
終了点はカムで構築しました。


景色がサイコーに気持ちよかった。
今年の目標ルートをこんなに贅沢な環境で登れるなんて。
ピッチ数は少ないけど、お互いの得意なところが生きて、助け合って二人で登れた。
それが気持ちよかった。
来年は何度も大好きなこの岩場へ通えるよう、がんばろう。



下降は黄昏ルートの終了点から懸垂。
楽しかった。

ルート中に落ちていたごみを拾って帰りました。
それだけで、自分たちがここに来た意味がある気がしました。


夕焼けに染まる末端壁はサイコーにかっこよく、輝く紅葉に囲まれながら、おやつを食べて、満ち足りた気持ちで下山しました。





2014年7月14日月曜日

滝谷 ドーム中央稜

2014/7/15 滝谷ドーム中央稜
                                             メンバー:なおっぴ&しろ

滝谷に行ってきました~♪
 
 
 
 
7/14
台風の後で梓川は濁っていましたw
お天気に恵まれず、夏と冬合わせて滝谷の計画は3回目。
今回もお天気がいいのは中日のみの予報なので、不安でいっぱいでした。
初日に上高地から北穂まで、
中日に滝谷登攀、奥穂または前穂経由で行けるところまで、
最終日に上高地まで戻ってくるプランでした。
 
 
いつも穏やかな梓川が、どうしちゃったの!?っていうくらいに荒れていました。
そんなときもあるよね~w
 
 
初日は予報よりお天気が悪くて終始肌寒い雨。。
それでも、久しぶりのアプローチは、不思議と楽しかった~。
涸沢まではほぼ夏道でした。
涸沢ヒュッテ手前がゆるい雪渓だが、アイゼンなしでも大丈夫。
初日は踏み後もなかったけど、最終日には踏み後ができていました。
 
 
南稜は例年より雪が多いそう。
私たちは、夏に涸沢に来たのは初めて。
ガスと雨の中、視界は10m程でしょうか。
この雪渓がどれだけ続くのかわからず、
アイゼンなしで登れるのか不安になりました。
全身濡れて寒いので、初日は涸沢までとしました。
ほぼあきらめモードで落ち込むしろ。
なおっぴはそんな私をどうにか元気つけようとがんばってくれました。
 
7/15
そんななおっぴのおかげか、奇跡的なお天気!
8:00涸沢発、キックステップも快適!
お天気でこんなに景色も、気持ちのゆとりも違うんだな~。
 
 
たくさん、たくさん深呼吸してリフレッシュしました。

 
どこまでも青空が広がります。
あきらめなくてよかった。
パートナーへの感謝の気持ちでいっぱいでした。

 
10:00北穂、松なみ岩。
アプローチと登攀にどれ位時間がかかるのかわからなかったので、テント装備をデポして休憩。
 
11:00下降点。
縦走路がドーム涸沢側から巻いて滝谷側に出たところ。
北穂分岐から最初の鎖場を下りきったところの×印から右の踏み後に入っていきます。
しばらく下降と右トラバースを繰り返すと、第3尾根に顕著なピナクルが見えてくる。右方向に進んで、第3尾根を跨ぐとバンド伝いに出るとペツルの懸垂支点があります。
結構明瞭なので、迷わずに行けると思います。
25m程懸垂して、バンドを右にトラバース。
 
 
リッジを登った上のテラスが取り付きです。
 
1P目:なおっぴ
凹角のクラックから直上し、チムニーをチョックストンの上のビレー点まで。
 

 
2P目:しろ
リッジからカンテ、スラブでテラスまで。
 
 
 
3P目:なおっぴ
ゆるい岩稜歩きで、4P目の取り付きに回りこむ。
 
4P目:しろ
フェース状からクラック、ハングを越える。
 
5P目:なおっぴ
右上凹角を左上、ハングをジャミングで登る。
空に向かって登っていく。
 
 
13:30終了。
快適に登れてよかった~。
 

ドームの頭から下降の踏み後に入るとすぐに縦走路です。
 

 
風がきもちいいよ~♪
 
松なみ岩に戻り、
15:00奥穂。
テントは私たちだけw
 
7/16
わーお、またガスw
改めて昨日のことが奇跡のように思えました。
 
降りようかで意見が一致。
 
 
一般道で迷いましたw
ルート以外でとことん弱弱な私たちですw

 
助け合い、話し合い、喜びあって、とてもいい経験になりました。
 
 


2014年5月25日日曜日

2014/05/25 二子山 中央稜

メンバー:しろ&なおっぴ

二子山中央稜に行ってきました~☆
某ガイドさんのHPに『ナチュプロで登ると充実感が増す』と紹介されていたので、ついでにナチュプロの練習もしてきました^^




二子山までは、北関東自動車道を経由して、北側の国道482号から向かいましたが、クネクネの峠道ですごく時間がかかりました。
南側の国道299号から向かう方が圧倒的に楽です。



登山道入り口から10分弱で案内図の看板があります。
ここから下ると、すぐ岩場です。
取り付きまでは、岩場の基部から離れずに歩くとよいと思います。
「ローソク岩へ」の看板が出てしまうと行きすぎです。

終了点まで、二時間半ほど?でした。



ここが核心のピッチです。



雨が降ったわけでもないのに、虹がでていました~^^
『きれいな虹が、ぼくたちのクライミングを祝福してくれた!!!』 笑

ところどころ浮石もありましたが、石灰岩特有の怖い感じもなく快適でした。

アイゼンの跡があったので、冬も登られているのかと思いましたが、南側のため雪はつかないみたいです。。。

今シーズンはたくさんマルチにいくぞ~~

2014年5月18日日曜日

2014/05/18 フリー有笠山

メンバー:なおっぴ&しろ


有笠山にリベンジをしに行ってきました!


さくっと成果のみ。


なおっぴ

大いなる山の日々 11a R.P.
とうりゃんせ 10c R.P.
夢を見る頃 11a R.P.(プリクリ笑


しろ
大いなる山の日々 11a R.P.
とうりゃんせ 10c R.P.


前回の宿題をきっちり消化!!
とうりゃんせは怖いので、カムを持って行ってみた。
しかし、解決してみれば、いらなかったなぁ~笑

夢を見る頃はプリクリでちゃんと登ったとは言えませんが、とりあえず満足です^^

ガバの課題はとりあえずおいといて、もっとテクニカルなルートにチャレンジしようと思います。
大嫌いなスラブとかね!!


2014/5/18 塔ノ岳 大倉尾根 トレラン

メンバー ももたろう

14時までに水戸に戻らなければ行けなかったので、この日は今シーズンから始めたトレランをするために丹沢へ!

海老名SAで仮眠し、5時起き、6時20分大倉尾根をスタート。

大倉尾根は一般登山者に大人気の登山コースですが
まだ、早朝ということでぱらぱらとしか登り始めていないので
走るのには好都合。

ネットで調べたら、1時間30分~45分でみなさん走りきっているので、
目標を1時間15分に設定。

頂上には7時40分着、1時間20分で走りきりました。
遅いんだか、早いんだかわからないけど、
天気も良く、早朝に樹林帯を走るのは最高に気持ち良かった!

頂上からは富士山はもちろん、南アルプスからスカイツリーまで見える大展望!
ぼくは山ばかりの景色より、いろんな物が見える景色のほうが好き(自称夜景ソムリエ)


翌日には全身筋肉痛でひざも痛く、トレーニング効果があると実感。
クライミング能力の向上と脚力強化のトレーニングを両立しながら、
すべては来冬のために、夏シーズンも頑張ります。

来シーズンこそ滝沢3スラブを駆け登るために!

2014年5月11日日曜日

2014/05/11 湯河原幕岩

メンバー:ももたろう じげん なおっぴ


雪山のシーズンも終わり、湯河原幕岩に行ってきました~!

いつものエリアでアップ&ボルダームーブの11aを一本登る。

クライミングジムに行かないももたろう。

『トレーニングしてるからか、あまり衰えを感じないなぁ』

だって!すごい!!


いつものエリアは人でいっぱいなので、最近解禁された正面壁へ移動する^^

初めてのエリアなのでよくわからない。
周りの人に教えてもらいながら、なんとか概要を把握する。

前穂であったカタツムりの方と再会。
みんなやることは同じなんだなぁ~・・・

カマクラというスラブルートを三人で交代しながら、ムーブ解決。
解決はできたものの、リードは少し怖い(笑)


〆に、じげん渾身のヤブクライム!!!!!

 

残念ながらこの岩場のシーズンも終わりです。
今日の宿題は、また来年がんばろー